タグ「東日本大震災」に該当する記事

諦めないで [ 2011.4.11 ]

 本日で東日本大震災からちょうど1カ月を迎えました。

 1か月が過ぎた今でも、被災地から届く悲惨な映像や、原発に関する不穏なニュースは
途絶えることがなく、今回の震災の被害が極めて甚大なものであるということを
日々、改めて思い知らされております。

 私どもが関わる飲食業界にもその影響は及んでおり、町を歩いていても、
「しばらく休業します」という札を掲げたお店を何件か見かけました。

 電力不足や、東北産の農産物、魚介類に関する風評被害など、飲食業界にとっては
依然として逆風が吹き続けている現状であり、お店を休業、または閉店させるという
考えが頭をよぎることも多々あるかもしれません。

 しかし、その決断を下すのはもう少し待っては頂けないでしょうか?
このような状況のなかでも、お店独自の試みで客足を維持し、日々外食を楽しみにしている
お客様のために営業を続けているお店もたしかに存在します。

 私どもテンポス情報館は、そのようなお店の存在・試みをお伝えさせて頂くとともに、
このような時だからこそ、お店を運営・維持、そして繁盛させるための逆境に強い
販売促進のやり方を無料セミナーという形でお届けしております。

 この状況の中、くじけてしまいそうだという飲食店経営者の方々、
諦める前に是非とも一度足をお運び頂き、私どものセミナーを御聴講願えないでしょうか?
きっとためになる今後の店舗運営のヒントを数多くご提供させて頂きます。

テンポス情報館無料セミナー情報
www.tenpos.jp/nearmarke/

今できること [ 2011.3.23 ]

3/11に地震が起きた。

その翌週、お客さんのところに電話をした。

東北地方や千葉県の海沿いにあるお客さんとはつながらなかった。

茨城県のラーメン屋さんは、水が来ないと言っていた。

また、茨城県のイタリアンは、建物は無事だったけど、内装や什器備品が全然ダメだったそうだ。

そして、営業できている一都三県では、宴会キャンセルが立て続けに起こり、都心部の夜は人が歩いていない。

飲食店は危機状態だ。

けれど。

» 続きを詳しく読む

おもいやり [ 2011.3.17 ]

まずはこの場を借り、この度の東北地方太平洋沖地震により被災された皆様、
そしてそのご家族の皆様に対しまして心よりお見舞い申し上げます。

被災地から遠く離れたここ東京でも、計画停電、各鉄道の運行見合わせなどの
影響をうけ、今回の地震がまさに未曾有の大災害であるということを、
日々改めて感じております。

そんな状況のなか、私は先日、営業にて横浜駅周辺の各飲食店を訪問する機会が
あったのですが、各店舗とも節電営業はもちろんのこと、店頭での募金活動や、
福島原発の事故による放射能漏れへの対策としてお客様に対して無料でマスクを
提供するなどの活動をしており、自分たちの出来得る限りの支援で、今回の災害の
復興に貢献したいという気持ちを強く感じました。

今後も交通機関のマヒや一部エネルギー供給の不安から、お店の運営は厳しいもの
が続くと思われますが、こういう時だからこそ、どんな小さなことでもいい、
上記のような被災者の方々、そして今後被害を受けるかもしれない方々への『おもいやり』
の気持ちを忘れずに営業を行ってほしいと切に願います。


Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.