女性の心をつかむミニサイズ、ご飯少なめ。  [ 2010.6.29 ]

江崎グリコさんのプレスリリースです。

http://mainichi.jp/select/biz/prtimes_release/archive/2010/06/28/000000007.000001124.html

世の中スローフード志向の中、あえてメガを出すことでインパクトを打ち出してきた外食大手ですが、これはぜひ見習うべき。

飲食店で働いていたころ、ランチは非常に女性のお客が多いお店でした。

ホスピタリティには結構自信のあったお店だったので、結構お客さんの要望を聞いたり、こちらから提案したりと。

一人前3つの料理を4人のお客さんで頼まれた際には、ひとつ多く提供するのをおすすめしたり、「おまかせでなんかカクテル!」とかも言われたりしてました。

ふと、思い出してみると、ランチの時にほとんどの女性客に言われるのが

「ご飯少なめで」

おかずはちゃんと食べたいけど、色々な?理由でご飯は少なめがいいと。

昨日のカンブリア宮殿、

会社もある大田区でも有名な百貨店

「ダイシン百貨店」

の特集。

ご年配の方のもはやオアシスともなっているこの百貨店は、私が子供のころからご年配の方であふれてました♪

決して激安でもないこの百貨店の心を捉えるひとつの要因として、

「ミニサイズ」

豚バラ50g売りに、太巻き一切れ売り。

これからは

「ミニサイズ」

の時代になるかもしれません。

 previous post: リフレッシュ休日 <<   ホーム  >> next post: 新店舗Open!  

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.