先週の飲食業界界隈の気になる記事  [ 2011.2.15 ]

「居酒屋」の倒産、過去最多 消費者の低価格志向で競争激化 (産経新聞) – Yahoo!ニュース

低価格路線一辺倒の大手外食産業、だからこそ小さなお店は「誰に」「何を」「どのように」提供するのかをもっと明確に打ち出す必要がありますね。逆にこの不況をチャンスととらえる事で逆に差別化ができるのも今だと、発想転換をするべきです。

@nifty:デイリーポータルZ:50年前のガイドブックに載っている店巡り

50年前に載っている飲食店は果たして今もあるのか?

という、なかなか面白い企画。

そしてそのお店のお味は??

継続は力なりとはまさに、言いえて妙です

オジサンのメッカ・新橋で“学生居酒屋”が大繁盛? 現役大学生だけで運営する「居酒屋あるばか」のパワー|消費インサイド|ダイヤモンド・オンライン

決して、学生が運営している事を話題に流行っているだけのお店ではないそうです。
一度行ってみたいですね。
今の外食産業が忘れている何かを持っているのかもしれません!
 previous post: B?1グランプリ <<   ホーム  >> next post: 現状を乗り切るために  

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.